「寝起きに首・腰が痛い!」

十分な睡眠時間もとり、ゆっくりと寝たはずなのに、朝起きたら・・・

『起きたら首が痛い・・・』

『起きたら腰が痛い・・・』

『寝たのに体が疲れてる・・・』

という人がいます。

1日の疲れを取るため、明日に向けてリラックスして寝たつもりなのになんでよ?!って思いますよね。

なんだかとっても損をした気分になってしまいます。。。

【色々試してみましたが・・・】

その嫌な痛みを解消するために、枕を高さがあるのに買い換えてみたり、布団やマットを新品のちょっと高めのやつに買い換えたり、はたまた安定剤や睡眠導入剤の薬を飲んでみたりと・・・色々な工夫をしてみてると思います。

でも、色々試してみたけどあまり改善しないというのが、やってみた人達の現実でしょう。

【寝方に問題あり?!】

では何に問題があるのかというと・・・実は寝方に問題があるのです!!

夜寝るときに、皆さんはどのような姿勢で寝ていますか?

仰向け?

横向き?

はたまたうつ伏せ?

はっきり言いますと、うつ伏せで寝るのは体、特に腰や首に負担がかかってしまいます。
うつ伏せで寝ていると、必ず首をどちらかの方向に向けて寝ますよね?!
その偏った姿勢で首に負担がかかり、朝起きた時の首の不快感に繋がります。
また、うつ伏せで寝ると腰が反りやすくなってしまい、これも負担になってきます。

横向きで寝るのも、寝やすい方向が決まってくるので、右ばかり左ばかりと偏って向いて寝ていると、肩や首に負担がかかってきます。

うつ伏せも寝も良くない、横向きで寝るのも良くない、そうなると残るのは仰向けで寝る形になります。

でもここでまた問題が。
「仰向けで寝ると腰が痛くなる」という人がいます。
あとは「仰向けで長時間眠れない」ということもあります。

でも大丈夫!!
『あるもの』を使えば、仰向けでも腰が痛くならずに、さらにぐっすり眠れて、朝起きた時の不快感をなくすことができるのです!!!

それは・・・・・

【毛布を使って寝てみましょう!】

そのあるものとは、実はどの家にも1つはある『毛布』を使うのです。

どのように使うかというと、毛布をクルクル丸めて、リクライニングシートのような、傾斜を作るのです。

頭から背中にかけ傾斜をつけて寝ることによって、体に丸まりができた状態で眠ることができます。

その丸まりがある形で寝るのが、人間にとって楽な姿勢なので(赤ちゃんがお腹の中にいるときも丸まっていますよね)、その形を普段の寝る姿勢でも作ってあげましょう。

※言葉だけだと分かりづらいので・・・詳しくはホームページに貼り付けてある動画を見てみてください。

その毛布を使った寝方をすると・・・あら不思議!!!

朝起きても首や腰が痛くない!

朝の目覚めがスッキリ!快適!!

といった感じになります。

だまされたと思って(笑)ぜひ一度お試しください!!!

 当院は、歪みや痛みを改善する整体治療に力を入れています!

 

ののみや接骨院を詳しく知りたい方は↓をクリック

sp_top02


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック