スポーツにケガはつきものです。。。

normal (1)

体を動かすって気持ちがいいものですよね。

始めるまでは億劫でも、いざ動いてみると楽しくて、終わったあとはスッキリしてと、気分転換やストレス解消になります。

でも、運動をしていると夢中になるあまり、ケガをしてしまうことも少なくはありません。。。

 

今回はこの『ケガ』をスポーツ別に、そのスポーツの中でも『サッカー』に多いケガをみてみましょう。

 

 サッカーでよくあるケガとは?!

7caf481d51ceb4a4bc2f222e80d191250fa782c4

 

足関節捻挫

これはサッカーだけでなく、どの競技ででも多くみられるケガの1つです。

『たかが捻挫、されど捻挫』

捻挫を甘くみていると・・・後で痛い目にあっちゃいます。もしかしたら一生引きずらなきゃいけないケガになる可能性もあります。

 

肉離れ

特に多いのが太ももの筋肉の肉離れになります。

前側と後ろ側の筋力のバランスが悪くなったときや、柔軟性が落ちたときなどに肉離れは起こりやすいです。

 

 膝関節靱帯損傷

サッカーはずっと走りっぱなしのスポーツで膝を酷使しますし、相手との接触も多いスポーツなので、その衝撃などで膝の靱帯を痛めることが多いです。

内側側副靱帯や前十字靱帯などがよくみられます。

 

オスグッド・シュラッター

成長期の子供にみられるものですが、膝下にある骨が剥離してしまうケガです。

骨の成長が止まれば痛みは治まりますが、骨の柔らかい子供のうちは繰り返すことも多いので注意です。

 

 

images (3)

スポーツにはケガはつきものです。

でも、ケガを恐れていると思いっきりプレーができないので、ケガのことは気にせずに、いつも全力でプレーを楽しんでください!

 

 


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック