足の裏にできるタコ・魚の目(ウオノメ)気づいていますか?

外反母趾1

自分の足でもあまりまじまじと見ないであろう足の裏。

いくらお風呂に入っていても、素手でしっかりと触ったことが無い人が多いであろう足の裏。

 

自分の足の裏見てください!!

 

気がつかないうちにタコや魚の目(ウオノメ)、かたーい角質ができている可能性が大です!!

 

ほったらかしにしていると・・・面倒くさいことになる可能性がありますよ。。。

 

タコと魚の目(ウオオメ)はどう違うの??

よくタコやウオノメ(魚の目)と言いますが、タコとウオノメはどう違うのでしょうか?
下の図をご覧下さい↓

タコもウオノメも、その部分に繰り返し圧力が掛かかることによって出来てきます。

圧力が掛かった部分の角質が増殖して、タコやウオノメになります。ペンだこや座りだこも一緒ですね。

イラストのように、タコは皮膚表面に盛り上がるように丸く突出してきます。一方、ウオノメは皮膚内部方向に食い込むように、くさび形に入り込みます。そして、そのくさびが荷重する度に、真皮層にある神経を刺激します。その為、ウオノメはタコに比べ痛みをともなうのが特徴です。

ウオノメのある方は、何か踏んづけたりしてウオノメに当たると激痛を感じる人もいます。立ち方や歩き方まで変わり日常生活に支障をきたしている人も沢山いるので、なるべく早くケアしたいですね。

 

IMG_3685

この写真は当院でのフットケアのBefore  Afterになります。。。

タコや魚の目(ウオノメ)以外でも、写真のような固い角質も痛みの原因になる場合があります。

 

 

 

足の裏は人の目にもつきにくいし、自分自身がちゃんと見たり触ったりすることが少ない部分です。

しかし!足は人間の土台といってもいい部分でもあるので、足の裏の健康にも気をつけてくださいね。

 


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック