湿布とは??

normal (3)

腰が痛いとき、肩が痛いとき、膝が痛いときなど、なにかとお世話になることがある「湿布」。肌が弱い人ではない限り、一度は使ったことがあるでしょう。

「湿布」とは、主に消炎鎮痛の役割を果たしてくれるもので、気になる部分の腫れや痛みを軽減するために使われています。

 

しかし!!湿布には「温湿布」と「冷湿布」がありますよね?!

よく聞かれることがあるのですが・・・「温湿布と冷湿布、どちらを使えばいいんですか?」という患者さんの質問があります。確かに、どちらも湿布とはいうけど、でも感じが違う。。。

この2つはどう違うのでしょうか??

 

温湿布と冷湿布の違い

3483-450x337

温湿布と冷湿布、実は・・・「効果はどちらも同じ」なんです!!

温湿布の中にはカプサイシンが入っているので(唐辛子の成分)、貼ったときに温かく感じるのです。温かく感じるだけであって、実際は温めてはいないのです。

冷湿布も、温湿布と同様に、消炎鎮痛剤が含まれている+水分が沢山含まれているので、冷たく感じるだけであって本当にその部分を冷やしているわけではないのです。

だから、アイシングの代わりに冷湿布、温めたいから温湿布、という考えは間違っているのです・・・

 

温湿布と冷湿布の使い分け

500x0_5746732a-7b60-4b74-bad5-04e10a0100b2.jpg

どちらも効能は同じなのですが、肌が弱い人、かぶれやすい人は冷湿布がいいでしょう。なぜかというと、温湿布にはさっきも話したとおり、唐辛子とおなじ成分のカプサイシンが入っています。それが肌には刺激になってしまい、かぶれてしまうのです。

中身は同じ成分なので、肌が弱い人は冷湿布をおすすめします。

 

 

湿布も使い方によっては、その症状が良くもなり悪くもなります。ぜひ、自分の体や体調にあった、正しい使い方をしてくださいね。

 

 当院は、歪みや痛みを改善する整体治療に力を入れています!

ののみや接骨院を詳しく知りたい方は↓をクリック

sp_top02


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック