超弾性ワイヤーとの違い!

僕自身も、今、当院で採用している巻き爪矯正法『ツメフラ法』に出会う前は、この『超弾性ワイヤー』(マチワイヤーと呼ばれることも)がとても良い方法だと思ってました。

でも、蓋を開けてみるとこの超弾性ワイヤーで矯正すると、爪が割れたり、重症の巻き爪だとなかなか矯正が難しかったり、しっかりと爪の形が綺麗になるまではとても時間がかかるなどの問題がある事が分かりました。

この問題があっても、当時、超弾性ワイヤーが出てきた頃には、巻き爪矯正としては革命的な事でした。

巻き爪矯正を安全かつ効率的にするには!

巻き爪を矯正するには、巻いていて矯正したい部分に対して、90度の方向に力を掛けていくと合力で、良い方向に少ない力で矯正する事が可能です。

※ワイヤーだと、90度の方向に力を掛ける事が出来ないので、爪に負担が掛かりやすく、爪が割れてしまう事も多くあります。

また、巻き爪は多種多様です。

その人その人で巻いている度合いも、巻いてくる位置から本当に様々です。なので、その人の巻き方や、巻いてくる位置で適切な力を加え矯正する事が必要です。

※ワイヤーは、適切な位置で、適切な力の矯正など微調整はなかなか難しいです。

『ツメフラ』の特徴

IMG_6184

『ツメフラ法』の特徴は、鈴木医師がこれらの問題点を克服するために研究開発したのは勿論、今迄は考えられていなかった、爪自体の性質を研究し、外力だけでなく爪自体の巻く性質を解明した事で、より効率的に矯正をする事が可能となった革新的巻き爪矯正法です。

①90度の方向に力をかけて、効率的に矯正する事が出来ます。その日のうちに、爪の形が大きく変わる方がほとんどです。(※全ての方がそうなるとは限りません)

どんなタイプの巻き爪でも、様々な装具で適切な位置で、適切な力を加えて矯正する事が可能です。

③デザインしたい形、左右で矯正力を変える事も可能です。

④巻く爪の性質のある人は、また必ず巻いてきますが、「ツメフラ法」なら自宅ケアする事も可能です。

 相模原・町田巻き爪矯正センター公式ホームページはこちらをクリック⇓

blogbn-makidume


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック