『圧迫骨折』とは??

あなたもどこかで聞いたことはあるはず。

『圧迫骨折』という名を!!!

 

聞いたことはあるけどどんな状態のことをいうのか?何か気をつけておくことはあるのか?などなど、色々な疑問はあるのかと思います。

そこで、圧迫骨折についてお話をしていきましょう。

圧迫骨折1

 

圧迫骨折は脊椎(背骨)の骨折で、特に多いのが腰椎(腰の骨)圧迫骨折です。

bkp01

骨折といっても「ボキッ」と骨が真っ二つに折れるのではなく、上の絵のように、縦方向に「グシャッ」と潰れるのが圧迫骨折です。

 

 

発生の原因として考えられるのが『骨がもろくなる』です。骨密度が低くなっている状態です。

なので、どうしても年配の方に多く見られる骨折の1つであります。

 

 

『尻もちをついたとき』

『重い物を持ち上げようとしたとき』

『くしゃみをしたとき』

『何をしたかも分からないけど気がついていたらなっていた』

 

といった状態で圧迫骨折は起こります。

 

『何をしたかも分からないけど気がついていたらなっていた』そんなことで骨折が起こるのか?と不思議に思うかもしれません。

しかし骨密度が著しく低下していると、ちょっとした日常の動作でもそれが刺激となり、骨が潰れてしまうことがあります。

 

また、圧迫骨折をすると『少し動くだけでも激痛がする!』という症状の方もいれば、まさかの『痛みがほとんど感じない』という方もいて、様々です。

別件で腰のレントゲンを撮ったら骨が潰れていた・・・ということもしばしばあったりします。

『骨密度』を測ろう!!

images (52)

皆さんはご自分の『骨密度』をご存知ですか??

 

転ばないことや尻もちなどの外的な要因がないことは確かなのですが、自分の骨密度を知ることも1つの予防方法だと私は思います。

 

骨密度は目に見えて分かるもの・体感できるものではないので、どうしても気づきにくいと思います。

しかし、骨密度は年齢とともに減少していくし、女性は特に骨密度が低いこともあります。

 

自分の今の数値を知っていると、もし低ければ密度を上げる薬もありますし、こういう動きに気をつけなきゃいけないんだな・重い物をもつときは危ないんだなといったように、自分自身で気をつけれるようになります。

 

骨密度は、病院に行くと計る機械があり簡単に測定できます。

 

『私は牛乳を沢山飲んでいるから大丈夫!』

『カルシウムをいっぱい取ってるから骨は強いよ!』

自分の体に自信がある人でも、いざ骨密度を測ってみたら・・・・ということもあります。

 

これからを元気に過ごすためにも!ぜひ気にしてみてくださいね。

 

 

 


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック