子供が急に泣き出した!!

泣く子供

横断歩道を渡ろうとして、信号が青から赤に変わりそうなので子供の手を引いてダッシュしたら・・・急に子供が泣き出してしまいました。

どこかケガしていたわけでもないし、そんなに強く手を引いたわけでもない。。。でも子供は大泣きをして、腕を動かそうとしません。どうしたのでしょうか・・・?

 

子供の手を引いたら急に泣き出して、腕を動かそうとしないのであれば、もしかしたらこの子供は『肘内障』になったのかもしれません。。。

 

 

肘内障とは?!

肘の図1

肘内障とは『肘のケガ』のことを言います。

肘の骨の一部が靱帯から外れてしまい、肘の関節が亜脱臼している状態のことを言います。年齢的には、特に1歳から3歳の幼児に起こりやすいです。

 

子供の関節は大人と比べて可動域が広く、また靱帯も弱いため、腕を強く引っ張ると靱帯から骨が抜けた状態になってしまい、肘内障が起こってしまいます。

骨も大人と比べて未発達なので、靱帯の引っかかりが少ないので抜けやすいというのもあります。

 

500x0_5746732a-7b60-4b74-bad5-04e10a0100b2.jpg

腕を引っ張ったことでも肘内障は起こるし、子供が手をついたときにも起こります。また、子供自身が寝返りをした時にもなったりもするので驚きです。

 

一度肘内障をやってしまったら何度か繰り返してしまう子供も多いのですが、成長していき骨も靱帯もしっかりしてくると、肘内障にはなりにくくなってきますのでご安心ください。

 

子供が転んだり手を引っ張って急に泣き出した、腕を使わない、腕を痛がっている様子だが腫れも赤みもない、腕がだらんとした状態で動かさない、などなどの症状があったら、もしかしたらそれは肘内障かもしれません

 

もちろん他のケガの可能性もあるので、何かおかしいなと思ったらすぐにお近くの医療機関に受診してください。

 

 


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック