顎関節症とは??

大きく口が開かない、口を開けると音が鳴る、痛みがある・・・などなど、顎に関する悩みってありますか?

もしその症状があったら、それって「顎関節症」かもしれませんね。

 

「顎関節症」とは、「顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節(雑)音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする慢性疾患群の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靱帯障害、関節円盤障害、変形性関節症などが含まれている」
(日本顎関節学会「顎関節症の定義」)といわれています。

症状も軽い人から重い人まで様々で、関節の音が鳴るというだけの人もいますが、ひどい人だと顎だけではなく、めまいがおこったり頭痛がしたりと、体全体に症状がでる人もいます。そして手術になってしまうこともあります・・・

 

顎関節症が多い年代は?!男女差は?!

顎関節症は、子供から大人まで幅広い年代で見られますが、なかでも多いのが20代~30代の女性に多いとされています。

男女差も、女性の方が男性よりも2~3倍多いと言われています。

なぜ女性が多いのかは分かっていませんが、男性と比べて女性の方が靱帯弱いことや、ホルモンの関係が影響あるようです。

 

顎関節症の原因は?

 

顎関節症には様々な要因、原因があります。

 

歯のくいしばり

歯のくいしばりは、日中以外でも就寝時に歯ぎしりなどとあわせてやっている場合があります。

歯を食いしばり、力が入ることで関節や靱帯に過度の負担がかかり、顎関節症になってしまうことがあります。

咀嚼の偏り

ご飯を食べているときに、左右のどちらかに偏っていませんか?

片側だけで噛んでいると、それが負担になり顎関節症を発症してしまうことがあります。

ストレス

仕事のストレスや家庭のストレス、人間関係のストレス、ありとあらゆるストレスで力が入り、歯を食いしばる、歯ぎしりをすることで負担をかけて発症することがあります。

噛み合わせの悪さ

もともとの噛み合わせの悪さでも顎関節症になってしまうことは多いです。鏡の前に立ち、自分の顔を見てみてください。口角などの高さが左右で違っていませんか?違う人は要注意ですよ。

 

normal

さっきもお話しましたが、顎関節症は悪化すると手術となる場合もあります。

手術にならなくても、口がまったく開かなくなったり、痛くてご飯が食べれなくなったりして日常生活にも大きく支障が出てきます。

もし顎の痛みで気になっているのであれば、一度ののみや接骨院にご相談してください。

お待ちしてます。

 

当院は、歪みや痛みを改善する整体治療に力を入れています!

ののみや接骨院を詳しく知りたい方は↓をクリック

sp_top02

 


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック