『貧乏ゆすり』の語源

ダウンロード

『貧乏ゆすり』とは、座っている時などに、下半身の鬱血などが原因で身体の一部(特に膝)を揺らし続けることをさす。大抵の場合において、貧乏揺すりをしている人は、人に指摘されるまで気づかないことも多く、無意識に癖としてやってしまうことも多い。また、多くの場合において品を欠く行為・悪い癖だとされる。(wikipedia)

 

と、wikipediaには載っていましたが、この貧乏ゆすりにはちゃんと語源があるそうです。

 

お金持ちは『ゆったりしているイメージ』に対し、貧乏人は『落ち着きがない』『せわしなく働く』というイメージからきたといわれています。。。初めて知りました。笑

なぜ今『貧乏ゆすり』が体にいいのか?

images (8)

どちらかというと、あまり良いイメージがない『貧乏ゆすり』ですが、最近あることで注目を集めています。

それが・・・『貧乏ゆすりは体に良い!』というデータがあるらしいんです!!

 

 

 

例えば・・・デスクワークの人は多いかと思われますが、足がむくみやすいって人いませんか??

貧乏ゆすりで足を動かすことによって、脚や腰の溜まっていた血液を心臓へ送り返し、下半身だけでなく、全身の血流やリンパなどの流れが良くなり、余分な水分も流してくれるので、むくみ防止になるのです。

飛行機に乗っているときの「エコノミー症候群」の予防でも、貧乏ゆすりは活躍しますよ。笑

 

 

そして・・・なんと冷え症の方にも朗報が!!!

貧乏ゆすりを5分間すると体温が2℃上昇する!という、衝撃のデータも出ています。

images (12)

・・・恐るべし『貧乏ゆすり』!!!

他にも、運動不足の解消・集中力向上など、結構良いことが起こるのです!!

 

とはいえ、やっぱりマナーとしてあまり良くないのでどうしても気にしてしまいますよね。

くれぐれも周りの雰囲気を見ながら、あるいは家で試してみるのがよさそうです。。。

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック