2足歩行の宿命とまで言われる腰痛。そのなかでも、ギックリ腰!

嫌ですよね~!

ギックリ腰は『魔女の一撃』ともいわれ、ちょっと何かをしようとした拍子やクシャミなどした時に鋭い痛みが腰に走り発症します。
ぎっくり腰は、若い人にも多く、日常生活や仕事にまで支障をきたすことがあります。

予期せぬ腰痛なだけに、ぎっくり腰経験のある人の中には、恐怖心を抱いてしまい、治っても、体を動かすことを制限して過ごしてしまうケースもあり、これが筋肉を弱らせ再発する原因にもなったりします。

ぎっくり腰は、突然、腰を襲う激しい痛みです。ぎっくり腰は「急性腰痛症」の代表的な呼び名ですが、急な腰痛を起こす原因の中には、内臓の病気や脊椎の病気などもあります。

朝の洗顔で、腰をかがめた時や、重い物を持ち上げようとした時など、腰を痛めるきっかけが、はっきりしている人もいますが、中にはきっかけがよくわからない、という人もいます。

多くのケースでは、ふとした動作に伴う時やくしゃみなど、腰に激痛が走るきっかけがあり、姿勢や腰への注意力が低下している時に、ギクっと痛めてしまうことが多いようです。

この時、腰を支える機能が低下しています。腰部を支える筋肉、関節、椎間板などを痛め、ほとんど身体を動かすことができないほどのぎっくり腰を経験する人も少なくありません。

動作の瞬間に腰に激痛が走り、動くことが困難になってしまう。ぎっくり腰の痛みの程度や症状の進み具合は、人それぞれなのですが、多く見られる症状を挙げてみましょう。

  • 最初は違和感程度で、さほど気にならなかったのに、時間の経過と共に腰痛となり悪化していく。
  • 上半身を起こすことができない。
  • おじぎをすることも、体を反らすこともできない。
  • 歩行が困難。
  • くしゃみ、咳で痛みが強まる。
  • 寝返りが痛くて、寝る姿勢を変えることが困難。
  • 骨盤に近い部分やウエストライン辺りの腰部が痛んだりする。
  • 起き上がった状態よりも、横になっているほうが楽である。

など症状も人それぞれです!

 

 

ぎっくり腰の治療法

当院の場合は、直接背骨や骨盤の歪みやズレを早期に矯正し、リンパや血流の流れをスムーズにする事で自然治癒力を最大限発揮出来る状態にします。帰りにはウソのように歩いて帰られる方も少なくありません。

また、ギックリ腰の場合に他の医療機関で冷やすように指示される場合が多いですが、当院ではしっかり温めてもらうように指導しています。経験的にこの方が短期で回復される方が多いのでそのように指導しています。

繰り返しギックリ腰を経験されている方は、体の使い方や柔軟性、筋力に問題のある方も多いので、リハビリとしてストレッチや、筋力トレーニングの指導も合わせて行います!

 

ブログ用挿入画像


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック