これからの暑い季節、熱中症に気をつけていかなければならない時期になってきましたが、その熱中症対策としてよく言われるのが「水分補給」です。
のどが乾いたと思う前に水分を摂取をする、こまめに水分補給をするなど、体に水分を取り入れることは大切なのですが・・・
皆さんはその水分は何をとっていますか?
水代わりに、ペットボトルのジュースや清涼飲料水を飲んでいませんか?
まさかビールや焼酎といったもので喉を潤していませんよね・・・?笑

 

「ペットボトル症候群」

 

あまり聞きなれない名前だと思いますが、何のことだと思いますか?

 

熱中症対策として水分は取るのだけど、それがミネラルウォーターやお茶ではなく、清涼飲料水や缶コーヒー、ジュースなどで水分摂取をしてしまい、飲み物に含まれている砂糖(糖分)を過剰に摂取してしまうことによって、血糖値が高くなり急性の糖尿病になってしまうというものです。。。

 

幅広い年齢層に見られるそうですが、その中でも10代~30代の世代に急激に増えているのだそうです。
「清涼飲料水に含まれる糖分量」

コーラ500ml・・・角砂糖約16個分

甘さ控えめコーヒー250ml・・・角砂糖約7個分

ポカリスエット500ml・・・角砂糖約11個分
これを喉が渇いたからといって1日に何本も飲み続けるとなると・・・

 

恐ろしいですよね・・・そりゃーなっちゃうのも分かりますよね・・・

 

体を守る水分だからこそ、安全なものを選んで飲まなければいけません!!

 
普通の水では心配だという方なら、塩を少し水に混ぜてあげるとか、スポーツドリンクを飲むにしても、そのまま飲むと濃いので水で薄めてあげるなど、ちょっとした工夫が必要です。

 

缶コーヒーやジュースを飲むなとは言いませんが、少し量を考えて飲んで、この暑い夏を乗り切りましょう!!
小田急相模原、町田の骨盤整体ののみや接骨院ご予約はこちら
→ http://bit.ly/ZtcEWl

 

ブログ用挿入画像

 

 

 


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック