ののみや接骨院公式HPはこちら↓

肩や腰の痛みや突然起こるぎっくり腰も、実は何気ない普段の習慣の積み重ねで骨盤や背骨の歪みがでて、筋肉が硬くなっていたりすることで起こります。調子の悪いときはもちろんですが、調子のいいときからも体のメンテナンスをしっかり心掛けていきましょうね!

 

それでは、今日は「腰痛とイスの深~い関係」についてお話します。。。
普段何気なく座っているイス。
これってとっても腰痛には深い関わりがあるものなんです。

 

☆「イスの高さ」
現在、#NAME#さまがお使いになっているイスに姿勢を正して座った場合、膝の高さが自分の太ももよりも下がっていたりしてませんか?
もしそうだとしたら、そのイスの高さは、腰はもちろんのこと、足にも負担がかかってしまいます。
安定しない姿勢のまま座り続けると、姿勢を維持しようとして腰回りの筋肉に過緊張が起こりやすくなり、負担がかかってしまいます。
また、高さが合わないことで、もも裏がイスにより圧迫されて、足の血流が悪くなり、疲れやすくなります。
そのようなイスの場合、もちろんイスの高さを低くしてほしいのですが、もし、高さが調節できないイスの場合は、足元に電話帳など分厚い本等を置いて、高さを調節してください。
膝の高さが太ももよりも多少高くなるくらいがいいでしょう。
☆「イスに座ったときの足の組み方」
イスに座るとすぐに足を組む方がいると思いますが、決して腰痛の方が足を組むなとは言いません。
ただ「長時間同じ足を組む」というのがいけないのです。
足を組む姿勢は体の重心がずれるわけなので、歪みの原因になり、腰痛を引き起こしてしまいます。
足は組んでもいいけど、バランスよく左右交互にして、片方だけに偏らないように心がけましょう。
☆「イスに座っている時間」
長時間、同じ体勢で座り続けない。。。
これが1番大切です!!!
「最低でも1時間に1回立ち上がり腰を回す。」
そうすることで腰にかかった圧力を分散できるし、血液の循環もよくなるのでぜひ取り入れてください。
車に長時間乗車したときにも必ずやってくださいね。
腰だけじゃなく、肩こりをもっている方も同じことがいえるので、ぜひこれは習慣化してください。
普段何気に生活している中でも、腰痛に関わることって実はたくさんあるんです。
そんな原因を1つ1つチェックしていき、腰痛をなくしていきましょう!!

 

■ご予約はこちら
→ http://bit.ly/ZtcEWl

screenshot.198

 

 

 


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック