さて、前回は妊娠時、出産時におこる骨盤や骨格の変化についてお話ししました。

妊娠出産時には『リラキシン』というホルモンが分泌され、骨盤の靱帯が緩んで広がることは理解頂けましたでしょうか?

もしご覧になっていなければ、前回の記事もご覧になって下さいね↓

http://nonomiya-sekkotuin.com/sango-kotsubannkyousei/

さて、今回はこれまた妊婦さんの悩みで多い『尿漏れ』についてです。

妊娠出産時の『尿漏れ』の因は!

実は尿漏れの主な原因としては、『骨盤底筋』という筋肉に原因があると私は考えています。

前回もお話ししたように、妊娠時には下図のように骨盤が広がる力が働きます。

赤ちゃん生まれる

実はこの広がる力でとっても負担を受けているのが『骨盤底筋』なんです!

『骨盤底筋』がどんな風に付いているかは下の図をご覧になって下さい。

pelvicfloor2

pelvicfloor

AllAboutBeautyから転載      http://allabout.co.jp/gm/gc/422056/

上図のように、骨盤の底にハンモックのように臓器を支えるようについているんですね!

つまり、『骨盤底筋』は常日頃から内臓の重みに耐え頑張っている筋肉なんです。

妊娠によりさらに負担が!!

妊娠すると『リラキシン』の作用で骨盤が開くのは前述した通りですが、骨盤が開くとどうでしょう・・・!?

そう、お気づきになった方もいるかもしれませんね!

常日頃から頑張っている『骨盤底筋』がさらに引っ張られ伸ばされてしまいます。
さらにさらに赤ちゃんの重みがこのようにかかってくる訳です。

赤ちゃん生まれる

見て下さい!『骨盤底筋』の悲鳴が聞こえてきそうじゃありませんか!

もともと筋肉はどういう働きかご存知でしょうか?筋肉は縮むのが役割なんですね!

「そんなの知ってるよ!!」

なんて声が聞こえてきそうでが(笑)

縮むのが役割の筋肉は,実は伸ばされるのはあまり得意じゃないんです。
この筋肉の性質については、また別の機会に詳しく説明しようと思いますが、
伸ばされるのが苦手ということだけ憶えておいて下さい。

つまり、妊娠している時はいつもより骨盤が開くという事は、『骨盤底筋』はいつもより伸ばされている状態です。
伸ばされている上に、さらに赤ちゃんの重みが上からかかってさらに負担がかかっている過酷な状況になっているんですね。

お陰様です(笑)

こういった状況で、『骨盤底筋』が疲弊し上手く働けない状態にあると、『尿漏れ』になりやすいんですね。
なので骨盤の開きすぎやユガミを整えてあげて、さらに『骨盤底筋』の負担を減らし、リハビリをしてあげる事で『尿漏れ』も無くなってくるので安心して下さいね。

リハビリで良さそうな体操があったので、リンクを張っておきます!


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック