タオルを絞ったり、鞄を持つときに肘が痛い!!

『ここ最近、鞄を持つときに何だか肘に痛みが出る‥‥』

『タオルや雑巾を絞るときに肘が痛い‥‥』

『治ると思ってたけど、どんどん痛みが増してきている‥‥』

といった肘の痛み抱えていませんか?!

 

その肘の痛み、もしかしたら『テニス肘』かもしれませんね。

 

テニス肘とは??

テニス肘とは俗名で、正しい傷病名は『上腕骨外側上課炎』といいます。(なぜテニス肘かと言うと、テニスをする方でバックハンドを使う人によく診られた外傷だから、テニス肘と言われています。笑)

IMG_20151211_170433

肘の近辺には、手の色々な筋肉の起始部が集まっています。

その中に、手首を上に持ち上げる、反らす動きをする筋肉がくっついています。

その筋肉は、あなたが思っている以上によく使い、働いてくれるので、オーバーワーク(使いすぎ)してしまうと、その部分で炎症を起こしてしまうのです。。。

 

 

「使いすぎなんだから休ませてあげれば治るんでしょ?!」と思う方もいるでしょうが‥‥どうしても日常生活では手を使ってしまいます。

安静にすることがとてもむづかしい部分なので、治るのに時間がかかってしまいます。

 

デスクワークの人にもテニス肘は増えている?!

少し前までは、テニス肘を訴える人は主婦の方や本当にテニスをされている方が多かったのですが、現在はビジネスマンもテニス肘になる方が増えてきているのです。

 

ほとんどのデスクワークの方は、パソコンを使うときにマウスを使ってお仕事しますよね。

このマウスをクリックする動きも、実はテニス肘の原因となる筋肉を使っているのです!

動きは小さいですが、繰り返し同じ動きをすることでやはりその筋肉に負担をかけてしまい、炎症が起こるのです。

マウスだけでなく、重い鞄を持ったり、書類を持ったりでも負担はかかるので、ビジネスマンに非常にテニス肘は増えてきています。

 

テニス肘の治療、そして対策は?

1番はやはり『使わないこと』『安静にしておくこと』です。

しかし、手を使わないで日常生活や仕事が出来るかというと無理な話ですよね‥‥

なので、サポーター等を使ってその筋肉に負担がかからないようにしてあげたり、手の使い方を変えたりといった工夫が必要です。

あとはしっかりその負担がかかっている筋肉を治療していくことで、治りの具合は変わってきます。

 

 

痛みを我慢して放置しておくと、最悪の場合、骨を削る手術や筋肉を部分的に切除する手術になることもあるので、無理は禁物です!!

 

テニス肘の痛みで困っているなら、一度ののみや接骨院にご相談ください。

治療もそうですが、手や体の使い方の指導などもしっかり教えますので、お悩みの方はいつでもご連絡ください。

玉井プロフ

記事:玉井なつき【ののみや接骨院副院長】

■患者様に一言

私は小さいころから柔道をしていて、他にも色々なスポーツに接する機会が沢山あり、ケガして悩んでいる人達の姿を沢山見てきました。私自身もケガしたことがあります。 そういったケガでの悩みや不安をふきとばして、1日でも早く笑顔になれるように一生懸命頑張りますので、他にも何か気になること「どういう風に運動をしたほうがいい?」「ストレッチのやり方は?」等々、何か疑問があればいつでも聞いてください!!

 

小田急相模原の整体・マッサージ口コミ1位「ののみや接骨院」公式ホームページは下記をクリック↓

sp_top02 (1)

 
小田急相模原駅×接骨・整骨部門
2015年11月時点


The following two tabs change content below.
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

ののみや接骨院 院長 トップアスリートの治療に携わって培った技術でたくさんの方の「楽になったよ!ありがとう!」の笑顔が見れるようにがんばります!
野々宮 祥史 (ののみや よしひさ)

最新記事 by 野々宮 祥史 (ののみや よしひさ) (全て見る)

ののみや接骨院の治療の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をされるのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ののみや接骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

TEL 042-741-1735 【受付】 8:30~12:00/16:00~20:00 ※土日9:00~15:00
【休診日】 火曜日・祝日

フェイスブック